不動産の査定を依頼する時のポイント

不動産の査定を依頼するときはここに注意!

失敗しない一生に一度の不動産売却

不動産の売却を行う場合、不動産会社を頼らなければならないことは、多々あるでしょう。 しかし、売主はあくまであなたです。 物件を知ることは、売る側の責任でもあり、査定や売却の話が進んだ時にも、手続きの流れを理解する助けとなります。 まずは、自分の物件について知ることから始めましょう。

一喜一憂の査定価格

査定価格は、様々な要因で決定されます。 提示された価格は、妥当なのか。 損はしていないのか。 あるいは、この金額で売れるのか。 おそらく、あなたは迷ってしまうことでしょう。 どうすれば、納得に行く査定価格にたどり着けるのか、ポイントを見ていきましょう。

注意すべきは査定価格だけじゃない

査定価格が決まったからと言って、安心してはいけません。 その金額で物件が売れて、自分の収入となるわけではありません。 不動産取引は、経験がないからこそ、見落としがちな出費や担当者とのやりとりがあります。 売却までを見据えて、注意すべき点を見ていきましょう。

物件は、あなたの商品!まずが知ることから

不動産を手放すことになった。
その事情は人それぞれでしょうが、できるだけ高く売りたい、トラブルになりたくない、というのは、万人が思うところでしょう。
事前にいくつかのポイントを知っておくことで、無用のトラブルを避け、不動産の売却をスムーズに行うことができます。

今から売却を考えている物件は、実際にあなたがお住いの物件でしょうか?
あるいは、親族が住んでいる、相続した、といった場合があるかもしれません。
普段住んでいる、あるいはよく行く家であっても、それを売るとなった場合の価値や不動産会社や買い主が知りたい情報は、意外と知らないものです。
まずは、査定を依頼する物件について、周辺の状況も含めて調べてみましょう。

不動産の売却の手続きは、複雑で自分で行うことはほぼ不可能なので、必ず不動産会社が間に入ります。
どこの会社に頼むのかで、不動産売却の成否が決まると言っても過言ではありません。
不動産会社の選定は、慎重に行いましょう。
査定の段階で、複数の会社に依頼してみるといいでしょう。
不動産一括査定サイトを利用すれば、それほど手間もかからず、複数の不動産会社の査定を受けることができます。

不動産の売却を考えたとき、意外と見落としがちなのが、ご近所へ声を掛けるということです。
「隣の家は借金してでも買え」という言葉があるように、もし自分の家の隣が売りに出されたら、買いたいと思っているお隣さんは、少なからずいるものです。
不動産の売却をご近所の方に話すということに、抵抗を感じるかもしれませんが、まずは隣家へ声を掛けてみると、思わぬ需要があるかもしれません。

▲先頭へ戻る